福山市、井原市で「腰痛」専門整体なら大月整骨院。病院・整骨院で良くならない重度の腰痛の方が、多数来院。痛くないのにしっかり効く治療と口コミ評判の整体施術。痛みの原因から椎間板ヘルニアの痛み、慢性腰痛、坐骨神経痛などの症状を改善して効果を実感して下さい。
お気軽にお問い合わせください。
TEL:0866-63-2728
◆受付時間◆
平日 7:30~12:00 14:30~19:00
土曜日 7:30~12:00 14:30~16:00
※出張日は午前のみ受付しております。
◆定休日◆
木曜日午後・日曜日
※祝日は受付しております。
公開日:2018年2月12日

内臓の冷えが坐骨神経痛の治りを悪くする。

坐骨神経痛の症状は、足腰が冷えると、症状は強くでる。

温めると症状は緩和する。

そんな経験ありませんか。

更に、内臓が冷える環境に身を置くと、徐々にお腹の力を失います。

そして姿勢を支えるための筋力が腰に集中し、腰の負担は大きくなる。

腰の状態が良くならないため、内臓の冷えが、坐骨神経痛の治りにくい原因になります。

「体がだるかった。」

「お腹が冷えていた。」

「お腹に力がない。」

ハッキリと自覚する人もあるが、

意外と冷えていたことに気づいていなかった人が多い。

そのような方は、お腹に施術を行うと瞬間に随分腰が楽になることがあります。

そのまま坐骨神経痛の症状が緩和し早く良くなる。

だから、あなたの冷える環境を見直すべきです。

腹巻、カイロをお腹に貼るなどお腹を冷えないように温かくすることが大切です。

体の新陳代謝も下がるため悪循環です。

お腹の冷える坐骨神経痛には、足湯が効果的。

坐骨神経痛のあなたに。

自分で出来る簡単、お腹を温める対処法をお教えいたします。

それは、足湯です。

足湯は、自宅で手軽にできる健康にいいものとされ、普及しています。

足湯は、お腹を温めるのはもちろん、全身を温めるのに最良なもの。

体温を上げ、血流を良くする。

軽度の坐骨神経痛、冷えが特に強い場合、効果を実感できると思います。

ただし、重度の坐骨神経痛は、温めるだけでは完治しません。

坐骨神経痛専門の先生など、相談されることをおススメします。

座る姿勢が出来ない方は、しないでください。

座れるようになって行ってください。

 

足湯のやり方などは省略させて頂きました。ご了承ください。

足湯を是非試してみてください。

お役に立てましたでしょうか。

皆様がますます健康でありますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事のキーワード

この記事の著者

大月整骨院
記事一覧

著者一覧